スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天空のキラ

GUNDAM SEED DESTINY  PHASE-39「 天空のキラ 」

個人的に種シリーズは第3クールに面白い回が集まってると思います。
無印種の主役交代回、「舞い降りる剣」は実に良かった。
新主役機登場を見事に見せてくれました。

この「天空のキラ」の戦闘も濃いです。
シンがデスティニーガンダムに乗り換える回(雷鳴の闇)とは大違い。
戦闘の目的も、裏切り者の脱走阻止ではなくて恋人を救う。
文句の付けようが無いです。さすが主役機。

●ストライクルージュVSザクグフ
ラクスピンチ。アスランの言葉を受けて宇宙に上がる決意をしたキラ。
少し前にフリーダムがシンに撃墜されてしまったので
カガリに借りたルージュ(withブースター)で大気圏を突破します。
連射でザクグフの武器を次々と破壊していくルージュ。
敵も味方もなんかやたらと動きが良いです。
でもザクのビーム砲を盾で防いだら盾が壊れて腕がもげました。
ガンダムでも旧式だとこんなもんでしょうか。(例外:カオスガンダム)
貸した物がこの状態で返ってきたら泣きます。

●ストライクフリーダムガンダムVSザクグフ
抱き合ってる間に砂漠の虎が死にかけてます。
ヴェステージを流しながら関節を光らせてストフリ出撃。さすが主役機。
両手のライフルでザクグフを次々撃破。
ムチで捕獲されましたがファンネル飛ばしてザクグフ撃破。
全て頭か武器を狙って破壊してるので不殺。
のちにシラヌイアカツキに乗るロアノーク氏もこの戦法を習得します。
2分でザクグフ25機撃破。3分でリックドムを12機撃墜したアムロ氏や
20分でウィンダムを30機撃墜したアスカ氏を越えてます。さすが主役機。

とにかくこの回はザクとグフが良く動きます。
バンク(使い回し)も多いですがあまり気になりません。

なおこのあと最後までストライクフリーダムはかすり傷一つ付きません。
さすが主役機。


なおストライクフリーダムガンダムは立体にはあまり恵まれていません。
プラモデル(1/144・HG・1/100)は正直困る出来ですし、
1/60ストライクフリーダムガンダムライトニングエディションは大きすぎ。
諸手を挙げて歓迎できる出来なのはHCM-Proぐらいでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。